就活とおたく

 

 

【就活】

就職活動。大学新卒者を主とする求職活動。希望する企業・職種を選び、説明会に出て、会社訪問、履歴書などを提出し、筆記・面接試験を受け、内定を得るという一連の活動のこと。

 

 

 

 

就活解禁初日から「就活 おたく」とTwitterで検索し、ジャニオタと就活のはてなブログを読み漁っていた私の就活が先日無事終わりました。

 

私のおたくのお友達にはもう社会人として働いている方が多くあまり意味はないですが、備忘録としてここに私の就活事情を記しておきたいと思います。

 

誰も私の就活に興味がないことは重々承知していますが、「私も就活終わったらはてブロ書きたい!!!」と、このために頑張っていたと言っても過言ではありませんので、そんなことは気にせず書き残します。オタクの話より就活の割合が多いので、もう働いてるよって人はUターンしてもらって大丈夫です。

 

 

 

〈基本情報〉

周知の通り私はジャニオタではありません( )

推しはいわゆる若手舞台俳優なのであえて分類するなら若手舞台俳優厨になると思います。が、おたくと名乗るのも気が引けるほどにゆるく応援しています。

 

地元では名の通った、つまり関東関西では完全なる無名の地方の四大に通っています。文系。

現場に行くときはほぼ泊まりなので、複数公演観ています。

 

アルバイトはレジ接客と飲食店。よく就活サイトに「バイトで売り上げを上げました!!」なんてエピソードがありますが、普通の大学生バイトはそんなこと多分してません。バイトリーダー?私のバイト先にそんなものは無い。

 

 

 

〈3年生 春〉

就活

・マナー講座参加

初めて就活に目を向けたのがこの時期。と言っても友達に誘われて就活マナー講座みたいな授業を受けていただけです。単位欲しかったもん。

 

現場

・4月   舞台3公演、イベント1つ

・6月   舞台6公演

春までは今の推しくんともう一人応援している俳優さんがいたのでそれこそ遠征に全力を注いでいました。

そして6月に観た推しくん舞台は本当に特別なものになりました。この作品は今でも忘れられないし、映像が残っていない分私の中で綺麗で理想の形で残っています。

これが推しくんの演技だと魅せられ、激昂のシーンでは初めて彼を怖いと思った、初めて彼の演技で泣いた、そんな大事な大事な作品。

今、私が彼の舞台を観に行っているのもこの作品があったからだと思っています。推しくんの作品はどれも面白くて楽しくて大好きだけど、この作品だけはどこか他のものと比べることのできない特別な舞台です。

 

 

〈3年生 夏〉

就活

・7月   合同説明会

合同説明会はお菓子とお茶をもらって疲れて帰ってきました。特に何か得たものもなかったので、これ以降合説には一切参加していません。3年生の夏に何もしていない典型的な例です(笑)

この頃は公務員を考えていたのでボランティアに参加し、小学生と一緒に山でキャンプをしていました。就活一本の友達はみんな夏インターンに申し込んでたかな。

結果的に、このキャンプで公務員向いてないかも...と就活に絞ることになりました。

 

 現場

・7月   イベント1つ、舞台2公演

・8月  推しの誕生日イベント

学校からそのまま現場行ったり、うちわ作ったりして楽しんでいました。バーイベでの推しくんは流石の一言に尽きました。バーイベの記事は別に書いたのでよかったら↓

推しのBDイベントに行ってきた話 - ちっぽけなひとりごと

 

 

〈3年生 秋〜2月〉 

 就活

・12月   1dayインターンシップ2つ

・1月     1dayインターンシップ1つ

・2月     2daysインターンシップ1つ

秋なにもしてない(笑)(笑)

1月に参加した企業から、有難いことに次のインターンの優先枠を頂いたので、2月のインターンはそれです。なので企業数は3つですね。

友人が超有名企業の長期インターンに参加してバリバリ就活をしていたので焦り始め、ようやく就活生らしくなりました。

ただ、カバンがない!靴がない!って直前にバタバタしたのでスーツ・靴・カバンはなるべく早く揃えましょう。カバンとかメルカリで安く買えばいいねん。私はスーツもユニクロのものでした。パンプスはfuwarakuがマジでおすすめ。

 

現場

・11月    舞台2公演

・12月   イベント1つ

・1月     イベント1つ

この辺りはイベント行って次の日インターンみたいな事をしてました。特典で推しくんが私のケータイにセリフを吹き込んでくれるっていう謎イベもありました(笑)

ただ、推しくんのファン層が変わって一歩引いてしまったり、就活あるのに遊んでばっかでいいのかな?と焦りを感じたりして、一度現場に行くのをやめようと考えました。「就活とおたく」というタイトルでようやく就活が出てきたかと思ったら、まさかのおたくやめるっていうね(笑)

2つのことを同時にできる器用なタイプでもないので、ひとまず就活頑張って、気持ちも落ち着けてまた推しくんに会いに行こうと思いました。

 

 

〈3年生 3月 就活解禁〉

就活

・学内説明会

会社説明会10社

エントリーシート提出6社

・面接2社

2019卒の就活解禁は3月1日でした。

有名な就活応援サイトが前日からカウントダウンをしていますが、まじで憂鬱になるのでやめてほしい( )。

1日の午前0時に一括エントリーをしたものの何も起こらないのでとりあえず寝たら、朝に大量の通知が届いていて震えました。一括エントリーの罠です。

 

3月はエントリーシートを書きつつ、学内説明会と会社説明会に行きまくっていました。週4で説明会、土日バイト、空き時間はES、みたいな生活してたかな。

地元で説明会が行われない企業も多かったのでJRにいくらつぎ込んだかわかりません。JRに彼氏がいる友達に「あんたの交通費で彼氏の給料が払われて私のデート代になっている」と言われました。

就活は地元ですることをお勧めします。

 

面接2社のうち片方はこの時点で第一志望のところだったので、内定者の方に相談して結構頑張ったと思います。が、お祈りされました(笑)

まぁ、面接の手応えが無かったので落ち込むこともなく、お祈りメールが届いた後に再度自分がやりたいことを考え「入社するならここかな〜」と4社に絞り直しました。

また、この企業を受ける際にガチで作り込んだ自己PRやガクチカがテンプレートとなり、他の企業のESでだいぶ楽ができたと思います。

3月は結構忙しくて、私の春休みドコーっていう感じでした。

 

現場は行かないと決めたので1作品完全に干しました( )

 

 

〈4年生 4月〉

就活

会社説明会4社

エントリーシート4社

・面接(または筆記)7社

4月は面接が多く、平均して週3くらいで受けていました。というか、ESを書く気力が尽きて応募するのやめました(笑) 就職氷河期に100社受けた人生の先輩たちは超人だと思います。

ちなみに私はおたくであることを完全に隠していて、聞かれた時にうまく説明ができる自信もなかったので、趣味の欄にも書きませんでした。

 

面接で心がけていたことは「笑顔!ハキハキ!ゆっくり話す!」ということ。あいにく私は人と話す(というか人に話を聞いてもらう)ことが大好きなので「面接楽しい〜〜!」って楽観的でした。先程のJRに彼氏がいる友達は面接官の前で日本舞踊を踊ったらしいです。

有難いことに絞り込んでいた4社のうち3社から内定を頂いたので、残り1社の選考を5月に残して他の企業は全て辞退しました。

 

現場

・イベント1つ

・舞台3公演

いや現場いってんじゃねえか!

やめるっていってたじゃんって思った方いますか?私も思いました(笑) 最高に意志が弱い(笑)(笑)

推しくんの初の写真集が発売されたのでチェキ撮りに行きました。推しの写りについては触れないでください(コピペ)(まるで設定されたマシーンのよう)(たくさんのおたくに揉まれて本当にお疲れ様でした)

 

舞台の方は内定を頂いたあと、急遽2泊3日で自分への内定祝いとかこつけて行きました。ほんっっっっっとうに推しくんがかっこよくてかっこよくてたまらなかったです。久しぶりにペンラ振って、オイオイ叫んで楽しかった...

この作品はスタッフの方、ファン、そしてキャストの方から大切にされているなぁと感じる作品で、そんな作品に推しくんが出たことがすごく嬉しかったです。共演者の方々も本当に素敵な人ばっかり。

個人的には、いつか推しにピンクのペンライトを振りたい。(あんなゴリゴリなピンクは嫌だ)

 

 

〈4年生 5月〉

 就活

・面談、面接1社

最終面接の前に面談したんですけど、地元のたっかいホテルのカッフェで1000円のりんごジュースをいただきました。私のバイトの時給より高いりんごジュース......(溢れる小物感)

志望度は内定頂いていた企業の方が少し強かったけど、ここで落とされてたまるか!と無駄に燃えてなんとかやりきることができました。

 

現場

・イベント1つ

1時間くらいのリリイベだったんですけど、これが予想以上に楽しい現場で!!

お友達とお隣で「えー!かわいい!ウケる!かわいい!!」って推しの話を聞くのが楽しすぎました。(静かにしましょう) 共演者の方もこれまたお顔が良くてですね。出てきたときに「顔がいい……!」って声が漏れました。(静かにしましょう)

最後のお見送りも、いつもよりコンマ数秒顔見てくれる時間長かったし、いつもよりニコーってしてたと思います。当社比です。

トークの間、推しくんもけらけら笑っていてとっても楽しそうにしてたからすごく嬉しくなりました。

私は遠征嫌いじゃないけど、やっぱり推しが地元来てくれるって特別だなぁって思いました。推しくんが今のお仕事をしてくれてるからまた地元で彼を見ることができたわけで、そんな彼が「また来れるように頑張ります」って言ってたのが嬉しかったです。

また、ようこそ!って言える日が来るのを楽しみにしてるね。

 

 

 

結果的にエントリー10社、内定3社という形で就活を終えました。もっとエントリーしたと思っていたけど意外と少なかった…(笑)

 

少しだけ、アルバイトについても書き残します。

私は就活中もバイトは続けていました。店長にあらかじめ話をしておいたので、基本土日、平日は人が足りない且つ説明会などがない日にシフトを組んでもらいました。

就活の交通費もありますが、急に推しの写真集を増やしたくなるのでやっぱりお金は必要だと思います。

 

 

 

 

2月末〜3月が一番しんどかったかなぁ。

2月の段階で「就活 しんどい 2ch」と検索し、周りから「その段階に入るの早すぎん?!」とつっこまれた私も無事社会人になることができるので、人生なんとかなるもんだと思います。

ただ、内定がもらえるか不安で始まってないのに就活やめたいが口癖だったのも事実です。なので、もし2月の私に会えたら「これ見て頑張りな」と推しの写真集を差し入れしたい。(まだ発売前)

 

 

「就活とおたく」というタイトルをつけながらも、一番ハードな時期には現場を離れていたので中途半端なブログになってしまいました。

 

就活中は東京へ行くことも多く、関東のお友達の方々から「東京来るとき教えて!会おう!」って言ってもらえて嬉しかったし、選考の後にご飯食べてお話できてとっても楽しかったです。ありがとうございます。

 

そして、緊張した時や不安な時は推しくんとのチェキや写真集をみて乗り切っていました(笑)

また会いに行きたいから就活頑張ろうって思えたし、今の私の原動力はやっぱり推しくんだと思います。彼が楽しそうにしてるところやキラキラした姿を見るのはやっぱり楽しい。

彼自身も楽しんで笑顔でお仕事していてほしいなぁと思います。推しくんが笑っていることが一番。

就活真っ最中に参加したイベントで撮ったチェキの中に、超嬉しそうに写ってる自分がいたので、まだ上がれそうにないな!と自分でも笑えました(笑)

 

 

 

最後になりますが、拙い文章とつまらない内容にお付き合いくださった方へ感謝の気持ちを記してこの記事の終わりにしたいと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました☺︎